フジヤカメラでカメラを売って、買った

「毎日コツコツ」

去年のはま式ダイエットから、これは私の課題として続いている。先日苦楽園のYummyさんのところで「私と写真、だめなんですかねぇ」とぼやいたとき。

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる、ですよ」「あのピカソだって山ほど描いた絵があるから、あれだけ有名な絵があるんですよ」「たまに当たるくらいの打率より、打率あげていきましょうよ」

という話題の中で「あ、最近カメラ触ってない。iPhoneばっかり」と自分で反省した。毎日撮りもしない、写真を人に見せもしない、それで「写真でうまくいこう」なんて、まるでTOEICの勉強をしないで410点を取った20代のころと変わらない思考だって気付いた。

・ビューファインダーがあること
・充電をUSBケーブルで行えること
・wifiで本体からiPhoneに画像を送信できること

それなら毎日撮れる。見せられる。

Fujifilm X100T にしよう。と決めたのが前日の夜。Amazonでポチリとしようとして、おらちょっと待て!と心の声がストップさせたのは、先月くらいから「洋服」「カバン」「書籍」「カメラ」を断捨離というか整理し始めていたのに、カメラが後回しになっていることに気付いたから。

机の上に、カメラ本体、レンズ、フィルター、フード、カメラバッグ、保護材、ストロボ、露出計、充電器、電池、フィルム。関連するものを全部広げて風呂敷を掛けて放置したままだった。

小一時間かけて仕分ける。

◎使うもの:PENTAX KPとレンズ2本、Ricohflex、CLEとレンズ2本、GR1v、OLYMPUS μ zoom、Nikonのカメラバッグ、Artisan&Artistのカメラバッグ。CANONのストロボと露出計、GITZOの三脚。

○残り:Ricoh GXR本体とカートリッジ3種、PENTAXの防水防塵コンパクトデジ、フィルムカメラ3台、レンズ2本、DOMKEのカメラバッグ、雲台、ストラップ各種、カメララップ。

これをフジヤカメラに預けて、毎日コツコツ撮れるカメラを一台手に入れようと試みた。

早朝、ドンケのバッグにカメラさんたちを詰めていく。「これまで撮らせてくれて、私を助けてくれてありがとうねぇ〜、新しい持ち主さんところでも可愛がってもらうんだよ〜」と消エタで拭いたりブロワで埃を落としながら。

フジヤカメラでカメラを売る/買うのはもう何度目だろう。買う、選択肢は都内でいくらでもあるんだけど、売るとなるとどうしても中野に足が向いてしまう。メルカリやヤフオクで売ればいいのにってアドバイスをもらったこともあるけれど、人それぞれ価値感ややり方は違って良いのだ。

トータルで30000円ちょっと。買い取りした後に、お店の商品を購入すると少しおまけというか買い取り金額をアップしてくれるサービスがあるのがうれしい。

X100Tの在庫は、ブラックとシルバー1台ずつ。「持ってみた感触とか後はフィーリングで決めたらいいですよ」と店員さんがアドバイスしてくれる。シルバー!と決めてきていたのにいざブラックを目の前にすると迷う。やっぱり黒いカメラってかっこいいんだよなぁ〜。でもアドバイスの通り、2台を交互に持ってみたりボタンを触っていくと、色んな所が目についてくる。

ちなみにシルバーはA判定のかなり美品。でもアクセサリーが足りていない。ブラックはAB判定だけれどアクセサリーは揃っている。結果的に初心貫徹、シルバーにした。

背面の液晶保護フィルム、足りていなかったアクセサリーなどもちょうど在庫があったので、純正品を合わせて購入させてもらう。

結果的に現金を支払ったのは40000円弱。帰り道は身体が軽い。当たり前か、数キロ背負っていた荷物が次の人のところに渡っていったのだから。

うれしかったのは、「液晶保護フィルム、貼ってあげましょうか?」と言ってもらったこと。iPhoneの時もカメラの時も、保護フィルムを貼っていると安心する。お店から家までの間「ああ、帰ったらすぐ貼ってあげなくちゃ〜」という気持ちでいつもは帰るのだけれど、今日は安心して帰れた。

次はマンフロットの雲台。フジヤカメラの雲台コーナーも見てみたけれど、Amazonで見たやつがいいなって気がしている。プラスチックだけど安くて軽い、でもマンフロット!ミーハーな性格だからこういうことにこだわってしまうけど、気持ちよく撮影したいじゃないの♪そのための準備ってことで。

さて、明日からの毎日の日課が一つ増えました。 #スクワット #TOEIC #宅建 #写真 。楽しもう。そして続けよう。おやすみなさい☆

コメント