3月10日にTOEICを受けます

410点。履歴書に書けない点数をとったのは大学生のときでした。

そんな私がTOEICスコア850点目指します。

受けよう、と決めたのは、OISTの採用情報を見ていたとき。

 

TOEIC score 850って書いてあった。

 

「なら、取らなきゃ」と思ったのがはじめのきっかけ。(←ツッコミ入れたくなるけどちょっとまってね。)

 

そこから、講師をやってる知人に「ねぇ、850点取ろうと思うけど手伝ってくれる?」と問い合わせてみたり

「こんな私が若干2ヶ月で800点とれたアプリ」「このテキストおすすめ」みたいな成功ブログを読んでみた、実際に本を買ったりアプリを使ってみたりして、

 

「ん。これじゃあかん」と気づいた。

 

そもそも、私が最後に受けた「学生時代」ってさかのぼってみたら

 

!!!20年前だよ!!!(´゚д゚`)あやうく四半世紀。

 

びっくりしたよ、もう。

 

2016年からシステムやらテストの呼び方も変わってて、そもそも受験申し込みするところからおっかなびっくり。

 

そこで有力なパートナーを発見。

 

Welcome to Koko's English の、Kokoさん。

 

経験豊富な実地体験や、“今”つかってる英語やTOEICの傾向を一緒に教えてくれる。

 

#はま式ダイエット のときの濱本さんといい、今回のKokoさんといい、

 

褒めて育ててくれるから、安心しておんぶにだっこで甘えていられるのがうれしい。

 

---

 

実際の目標は3月10日と決めて、受験の申込みをしました。

5,725円 (税込)支払いました。もう後戻りできん。

 

---

 

Kokoさんと話して、今回の目標を 410→600 と定めました。

 

---

 

週1〜2回のレッスンや、日々の自習の方法とかを自分に合ったやり方やテキストを通じて

 

「あ、TOEICってこんな感じの問題が出るんだ」「中高で習ったあのフレーズ!文法!単語!懐かしい」

 

って感じながら、気づいたこと。

 

 

あ!今、私ナボルスキーの体験をしている。

 

楽しい。ワクワクする。

 

ちなみにKokoさんのイントネーションは、なめらかでとってもさわやか。

聞いててそよ風のよう。こんなふうに喋れたら、外国人と話しても耳馴染みがいいだろうに。

と憧れる声。

---

 

不思議。

 

あんなに「英語キライ」「英語ニガテ」「(聞いたり見たりするのは好きだけど)」って思ってたのに。

 

テストの問題を読んでみると

仕事で実際に使っているシチュエーションだったり、海外ドラマで出てきそうな光景だったり、

映画「ターミナル」で異国感さまざまなイントネーションの英語話者が話していたり。

 

「英語(外国語)っておもしろい」

 

って感じていた、小学生くらいの自分に戻っている感じ。

 

今が1月29日。あと40日でどこまで自分の脳内スイッチが「英語ON(オン)!」になるか、楽しみ。

 

 

 

※中高大とまじめに受験勉強していなかったツケを今払っている感じ。単語!文法!決めごと!覚えたらよかった。

 

※※2018年の二の舞を避けるべく、「がんばらない」「亀ペース」は守るので、どうぞやさしく応援してやってくださいませ♪

 

※※※「TOEIC受ける」って宣言するとやるしかなくなる、って成功ブログに書いてあったのでまんま真似して書いてみた👀

コメント